寝ているときの汗について

寝ているときの汗、いわゆる寝汗です。これは健康な人はみな寝汗をかきます。睡眠について深い眠りに入ると視床下部の発汗中枢の体温設定が下がり、汗をかいて体温を下げる働きをします。
健康な人は、昼間は体温が上がり、夜は体温が下がるというリズムを繰り返しています。この夜に体温が下がることで、基礎代謝が低下してプチ冬眠のような状態になります。これが熟睡の状態を生むのです。
ですから、寝始めると寝汗をかいて体温を下げて熟睡を促すという仕組みになります。
そのほか健康な人でもある寝汗としては、夢を見たときなどに興奮状態になって汗をかくということがあります。この現象は、朝方の眠りの状態がレム睡眠の時に夢を見やすくなります。夢を見ることで、発汗中枢が刺激されて多量の汗が出ることがあります。朝起きると汗でぐっしょり濡れていたりすることがあります。
また、病気が原因で起こる寝汗に盗汗と呼ばれるものがあります。普通の寝汗は運動などした後にかくサラサラの汗なのですが、盗汗でかく汗は粘っこい汗をかきます。
盗汗の汗は頭部や首から胸のまわりを中心の寝汗になります。虚弱体質や精神不安を持っている人、慢性の消耗性の疾患の人に多く見られるものです。こうした病気が治ることで、盗汗は減少に向かいます。
しかし、逆に寝汗をかきにくい人もいます。それは不眠症の人です。
汗をかきにくい人は、体温が下がりずらく、寝汗をかきずらいことで、寝ても体温がなかなか下がらず基礎代謝が下がらずにプチ冬眠の状態になりずらく、熟睡できないのです。
こうした不眠症の人は、汗腺機能がよくないので、汗をかきやすくなるために、有酸素運動を増やしたりして汗腺のトレーニングをすることで、汗をかく機能を高めるとよいでしょう。
そうすることで、睡眠時の体温を下げやすくして、熟睡できるようにしていきましょう。

食事時の汗

辛いものを食べたり、熱いものをの食べたりすると汗が急に噴き出してきますね。こうした汗のかきかたを「味覚性発汗」といいます。人間の汗のかきかたには、「温熱性発汗」「精神性発汗」そのほかにこの味覚性発汗があります。
辛い物をの食べ手汗をかくのは普通にあることですが、中には、甘いものやすっぱいものを食べたときに発汗する人もいます。こうした食べ物を食べたときの発汗というのは、生理的な自然なものなので、何も気にすることはありませんが、中には、そうした多汗を気にして、予期不安を抱いてしまう方もいらっしゃいます。
こうした予期不安を持ってしまうようになって、それが気になって汗が出てきてしまうということになると、味覚性発汗だけ気目でなく、精神性発汗も起こってしまっていることになり、治療の対象になりえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です