デオドラントの選び方

コンビニやドラックストアなどへ行くと、たくさんの種類のデオドラントが販売されています。
さて、どれを選ぼうかと考えたときに、テレビなどで宣伝しているものなどをついてにとってましいます。それがあなたに合ったもののもであれば何も問題ないわけですが、かなニラずしもそうとは限りません。
では、どんな基準で選んだらいいのでしょう?
デオドラントを選ぶときに大切なことは、自分のニオイのタイプに合ったものを選ぶということでしょうか。ズバリ、強いワキガタイプの人なのか、軽いワキガを抑えたいのか、または汗を抑えたいのか、それとも香りを演出したいのかなどになります。
そうはいっても、今まで自分の汗や匂いを病院で診断してもらったことなどないという人が大半だと思います。そこで、自分で簡単に判定できる基準があります。
それは耳垢がどんな状況なのかを調べます。耳垢の溜まるところには、アポクリン腺のみが存在します。これは脇の下に多く文武する汗腺と同じです。つまり、腋と耳の穴は相関関係があるということです。
ワキガの人は、耳の垢もべっとりとした解けたキャラメルのような状態です。こうした人はワキガも強い人です。耳垢が湿っているという人は、軽度から中度の判定になります。そして、カサカサしている人は、非ワキガとなります。まずは、このワキガ判定を自身でしてみましょう。
強いにおいになるワキガですが、まずはこのワキガ集を抑える場合どのようなものを選んだらいいのでしょうか。
ワキガが強いという判定の人には、塩化ベンザルコニウムのような強い殺菌成分の含まれた賞し有罪が効果的です。続いて軽度から中度のワキガの人は、フェノール系や銀系の殺菌剤の含まれた消臭剤がオススメです。ではワキガてない人は、つけない方がよいということです。こうした強い成分のものをワキガ出ない人がつけたりすると、通常あるべき菌が減少してしまい、ほかの細菌が繁殖するなどの肌環境の変化を招いてしまいます。するといままでにおわなかったのに、匂いが出てきてしまうことがありますので注意してください。そうした人には、植物由来のソフトな消臭剤を使うことをすすめます。
また、ワキガの強い人は、しっかり塗れるクリームのものやロールオンタイプのものを使うとしっかり塗ることができます。軽い場合は、スプレーなどのタイプが簡単にできていいです。
次に、コロン等で香りを演出したい人が注意したいポイントとしては、整髪料などの香りと一緒に使用しない。揮発性コロンの香りは、つけて1-2時間後に香りが落ち着くので、30分後を基準に調節してつけるようにする。また、揮発性のものは首より上に付けると鼻につくので、胸元や脇に付けておきたいです。
制汗や汗臭さの対策としては、塩化アルミニウムなどの制汗剤の配合されたものの使用が効果を上げることができます。むしろ抗菌、殺菌の作用の強いものは長期にわたって使用すると、肌のトラブルのもとになりかねません。肌に合わない人は、できるだけ使用を控えた方がよいです。そうした人は、手術も視野に検討してみるとよいです。
いずれにしても、肌にトラブルが起きるようであれば、医師に相談をすることをおすすめします。そのうえで、治療法などを検討していかれることをおすすめします。