重曹のデオドラント

重曹は多くのご家庭で使われているのではないでしょうか。その活躍の場は多岐にわたります。
例えばパンの生地に使われ、パンが膨らますために使われています。また、食器などを洗ったりするときにも使われます。そして、台所の生ごみなどのニオイ消しにも重宝します。
では、この重曹、なぜデオドラントとしてもすぐれているのか。
重曹は、アルカリ性の性質です。アポクリン腺やエクリン腺などから出る汗のニオイの元になる成分は賛成の者が多いです。酢酸、酪酸、プロピオン酸などです。これらが、重曹のアルカリ性で中和され、無臭化されるのです。先ほど例に出ました、台所の水回りなどのにおいもさんせいのものがおおいのです。
ミョウバンやレモンで酸性環境を作ることで、細菌の繁殖を防ぎましたが、同様にアルカリ性が高くても同様の効果があります。
さらに重曹の優れている面として、アンモニアなどのアルカリ性のものに対しても、重曹が水に溶けることで、におい成分とのイオン交換反応で中和されます。
こうして、重曹は、酸性、アルカリ性両方のニオイ原因に対して、効果を発揮します。