食事時の汗

辛いものを食べたり、熱いものをの食べたりすると汗が急に噴き出してきますね。こうした汗のかきかたを「味覚性発汗」といいます。人間の汗のかきかたには、「温熱性発汗」「精神性発汗」そのほかにこの味覚性発汗があります。
辛い物をの食べ手汗をかくのは普通にあることですが、中には、甘いものやすっぱいものを食べたときに発汗する人もいます。こうした食べ物を食べたときの発汗というのは、生理的な自然なものなので、何も気にすることはありませんが、中には、そうした多汗を気にして、予期不安を抱いてしまう方もいらっしゃいます。
こうした予期不安を持ってしまうようになって、それが気になって汗が出てきてしまうということになると、味覚性発汗だけ気目でなく、精神性発汗も起こってしまっていることになり、治療の対象になりえます。

寝ているときの汗について

寝ているときの汗、いわゆる寝汗です。これは健康な人はみな寝汗をかきます。睡眠について深い眠りに入ると視床下部の発汗中枢の体温設定が下がり、汗をかいて体温を下げる働きをします。
健康な人は、昼間は体温が上がり、夜は体温が下がるというリズムを繰り返しています。この夜に体温が下がることで、基礎代謝が低下してプチ冬眠のような状態になります。これが熟睡の状態を生むのです。
ですから、寝始めると寝汗をかいて体温を下げて熟睡を促すという仕組みになります。
そのほか健康な人でもある寝汗としては、夢を見たときなどに興奮状態になって汗をかくということがあります。この現象は、朝方の眠りの状態がレム睡眠の時に夢を見やすくなります。夢を見ることで、発汗中枢が刺激されて多量の汗が出ることがあります。朝起きると汗でぐっしょり濡れていたりすることがあります。
また、病気が原因で起こる寝汗に盗汗と呼ばれるものがあります。普通の寝汗は運動などした後にかくサラサラの汗なのですが、盗汗でかく汗は粘っこい汗をかきます。
盗汗の汗は頭部や首から胸のまわりを中心の寝汗になります。虚弱体質や精神不安を持っている人、慢性の消耗性の疾患の人に多く見られるものです。こうした病気が治ることで、盗汗は減少に向かいます。
しかし、逆に寝汗をかきにくい人もいます。それは不眠症の人です。
汗をかきにくい人は、体温が下がりずらく、寝汗をかきずらいことで、寝ても体温がなかなか下がらず基礎代謝が下がらずにプチ冬眠の状態になりずらく、熟睡できないのです。
こうした不眠症の人は、汗腺機能がよくないので、汗をかきやすくなるために、有酸素運動を増やしたりして汗腺のトレーニングをすることで、汗をかく機能を高めるとよいでしょう。
そうすることで、睡眠時の体温を下げやすくして、熟睡できるようにしていきましょう。

 

重曹のデオドラント

重曹は多くのご家庭で使われているのではないでしょうか。その活躍の場は多岐にわたります。
例えばパンの生地に使われ、パンが膨らますために使われています。また、食器などを洗ったりするときにも使われます。そして、台所の生ごみなどのニオイ消しにも重宝します。
では、この重曹、なぜデオドラントとしてもすぐれているのか。
重曹は、アルカリ性の性質です。アポクリン腺やエクリン腺などから出る汗のニオイの元になる成分は賛成の者が多いです。酢酸、酪酸、プロピオン酸などです。これらが、重曹のアルカリ性で中和され、無臭化されるのです。先ほど例に出ました、台所の水回りなどのにおいもさんせいのものがおおいのです。
ミョウバンやレモンで酸性環境を作ることで、細菌の繁殖を防ぎましたが、同様にアルカリ性が高くても同様の効果があります。
さらに重曹の優れている面として、アンモニアなどのアルカリ性のものに対しても、重曹が水に溶けることで、におい成分とのイオン交換反応で中和されます。
こうして、重曹は、酸性、アルカリ性両方のニオイ原因に対して、効果を発揮します。

古代ローマ人も使っていたミョウバンデオドラント

スーパーなどでも売っているミョウバンですが、古代ローマ人も日常的に使用していた制汗剤だそうです。
食品にも使われていますから、安全であり、安いし、手軽に自宅で使うことができます。市販されている制汗剤と比べれば、やはりその持続時間は短いものです。上手に自分に合った使い方をすれば、なかなか重宝すること間違いなしです。
では、ミョウバン水の作り方を紹介します。
ミョウバン50グラムに対して、水1.5リットルと混ぜてよく振ります。ミョウバンはコナミ状のものだとすぐによくとけます。固形のものは、そのまま入れて、1日置いておけば解けてしまいます。ペットボトルなどを使って作っておくといいですね。
このミョウバン液をガーゼやティッシュなどに付けて腋の下の直接ぬぐいます。また、100均ショップで売っているスプレー容器などに移して、直接脇の下に吹きかけてもいいです。
水の代わりに緑茶を使うと、より消臭効果の高いものができます。
使い方としては、朝つけて、夕方にもつけたいところですが、持ち歩くのはちょっと大変という場合は、ひと工夫して、ウエットティッシュみたいにあらかじめ作っておいたものを持ち歩くのも一つの案かも知れません。
さらにもっと強力なミョウバン水として、レモンを1個絞って入れてみるのもありです。
酸性が高くなり、制菌効果が高まると同時に、レモンの香りが腋のニオイをおさえる効果が期待できます。
保存方法としては水の場合、冷蔵庫に入れて1か月くらい持ちますが、1-2週間で新しいものにするのが気持ちいいかもしれません。とくに、緑茶やレモンなどを入れた場合は、フレッシュな方が気分的にもよいです。
使用法の注意としては、全身にかけたり、顔面にかけるなどは避けた方がよいです。また、つけてかゆみなどの肌のトラブルが出た場合は、使用を控えて、ミョウバンの濃度を薄くするなどして試してみましょう。自分に合った濃度を見つけていくことが大事です。

 

デオドラントの選び方

コンビニやドラックストアなどへ行くと、たくさんの種類のデオドラントが販売されています。
さて、どれを選ぼうかと考えたときに、テレビなどで宣伝しているものなどをついてにとってましいます。それがあなたに合ったもののもであれば何も問題ないわけですが、かなニラずしもそうとは限りません。
では、どんな基準で選んだらいいのでしょう?
デオドラントを選ぶときに大切なことは、自分のニオイのタイプに合ったものを選ぶということでしょうか。ズバリ、強いワキガタイプの人なのか、軽いワキガを抑えたいのか、または汗を抑えたいのか、それとも香りを演出したいのかなどになります。
そうはいっても、今まで自分の汗や匂いを病院で診断してもらったことなどないという人が大半だと思います。そこで、自分で簡単に判定できる基準があります。
それは耳垢がどんな状況なのかを調べます。耳垢の溜まるところには、アポクリン腺のみが存在します。これは脇の下に多く文武する汗腺と同じです。つまり、腋と耳の穴は相関関係があるということです。
ワキガの人は、耳の垢もべっとりとした解けたキャラメルのような状態です。こうした人はワキガも強い人です。耳垢が湿っているという人は、軽度から中度の判定になります。そして、カサカサしている人は、非ワキガとなります。まずは、このワキガ判定を自身でしてみましょう。
強いにおいになるワキガですが、まずはこのワキガ集を抑える場合どのようなものを選んだらいいのでしょうか。
ワキガが強いという判定の人には、塩化ベンザルコニウムのような強い殺菌成分の含まれた賞し有罪が効果的です。続いて軽度から中度のワキガの人は、フェノール系や銀系の殺菌剤の含まれた消臭剤がオススメです。ではワキガてない人は、つけない方がよいということです。こうした強い成分のものをワキガ出ない人がつけたりすると、通常あるべき菌が減少してしまい、ほかの細菌が繁殖するなどの肌環境の変化を招いてしまいます。するといままでにおわなかったのに、匂いが出てきてしまうことがありますので注意してください。そうした人には、植物由来のソフトな消臭剤を使うことをすすめます。
また、ワキガの強い人は、しっかり塗れるクリームのものやロールオンタイプのものを使うとしっかり塗ることができます。軽い場合は、スプレーなどのタイプが簡単にできていいです。
次に、コロン等で香りを演出したい人が注意したいポイントとしては、整髪料などの香りと一緒に使用しない。揮発性コロンの香りは、つけて1-2時間後に香りが落ち着くので、30分後を基準に調節してつけるようにする。また、揮発性のものは首より上に付けると鼻につくので、胸元や脇に付けておきたいです。
制汗や汗臭さの対策としては、塩化アルミニウムなどの制汗剤の配合されたものの使用が効果を上げることができます。むしろ抗菌、殺菌の作用の強いものは長期にわたって使用すると、肌のトラブルのもとになりかねません。肌に合わない人は、できるだけ使用を控えた方がよいです。そうした人は、手術も視野に検討してみるとよいです。
いずれにしても、肌にトラブルが起きるようであれば、医師に相談をすることをおすすめします。そのうえで、治療法などを検討していかれることをおすすめします。

デオドラントにつて

体臭が気になったり、ワキガのニオイなど気になります。
人間にとって、汗は生きていくうえでとても重要な機能を担っています。しかし、この汗をかくことで、ワキガのような匂いができてしまうのも事実です。
このニオイは、汗の中の成分が皮膚にある垢や皮脂と混ざり、それが細菌、バクテリアが繁殖してしまいます。こうした細菌が分解酸化のプロセスを経て、脂肪酸やアンモニアが生成されてにおいを発するということになります。
このような状況の改善のためにデオドラントは作られています。デオドラントの基本的な機能の分類を見てみましょう。
㋐汗を抑える
㋑細菌の繁殖を抑える
㋒匂いの消臭と脱臭
㋓よいにおいをつける
㋔汗を吸収する、取除く
こうした機能が組み合わされて、デオドラント商品が開発されます。

汗を抑えるデオドラント

制汗剤です。脇などに多いアポクリン腺、全身に分布しているエクリン腺など、皮膚上にあるそれらの穴をふさいで汗が出てこないようにします。こうした働きがある物質として、ホルムアルデヒド、塩化アルミニウム、硫酸アルミニウム、酸化亜鉛などがあげられます。これらを組み合わせて商品化しますが、ほかのデオドラント剤と混ぜ合わせて、その用途によって、軟膏や、液体、パウダー、スプレーなどの形にしていきます。

細菌の繁殖を抑えるデオドラント

細菌の発育、増殖を抑える効果のある物質として、酢酸、銀イオン、ホウ酸、トリクロサン、過マンガン酸アクリノールがあげられます。
そのほか消毒剤として、塩化ベンザルコニウムが使われることがあります。
天然成分として、テレビなどでも紹介されている緑茶や赤ワインなどに含まれているポリフェノールやフラボノイドなどの物質もその安全性から注目され、利用されています。

匂いの消臭と脱臭

消臭法としては、物理的消臭法、化学的消臭法、感覚的消臭法の3つに分類されます。
最初の物質的消臭法としては、冷蔵庫で使われている消臭剤が例として挙げられます。デオドラントとしては、靴の中敷きとか、女性の生理用ナプキン、おむつなどがあげられます。
これらは、活性炭やゼオライトといった無数の小さな穴を分子構造に持つ物質で、ニオイ分子をその小さな穴の中で吸着する効果を持っています。とくに活性炭は硫化水素や脂肪酸のニオイを効果的に吸着します。
次に科学的消臭法です。これは、薬剤をつけることで、ニオイの元になる物質を中和させ、ニオイを無くすという仕組みになります。具体的な例としては、硫化水素やメチルめるかブタンなどの酸性臭の場合は、アルカリ化剤をつけることで中和させます。たま、アンモニアなどのアルカリ臭では、酸性化剤をつけることで中和させます。
こうした薬剤は、スプレーや固形、液状、ゲル状と加工することができるので、いろいろな消臭グッツに使用されています。

よいにおいをつける

これは先ほどの続きになりますが、第3の消臭法としてあげました、感覚的消臭法になります。
欧米では、香水の技術が発達しています。考え方としては、より強いにおいをつけることで、元のニオイを感じなくさせてしまう方法と、新たな臭いを付け加えることで、どちらのニオイも弱らせて感じなくさせる方法になります。
トイレや車の芳香剤や口臭予防の洗口液などが消臭剤として挙げられます。最初に上げた香水は、人それぞれの体臭に交じり、個人のニオイとして、個性的に演出するというもので、ニオイがハーモニーを持つというとても素敵な使い方だと感心させられます。
日本のトレンドとしては、無香性を謳っているものも多く見られます。無臭という日本人的な考え方なのかもしれません。

汗を吸収する、取除く

腋に付けるもの、靴の中敷きに付けるものなど、汗を吸収するパットがあります。靴の場合は、生理用のナプキンの薄いものを代用することもあるようです。またふき取りながら制汗やデオドラントとして不織布のものなど市販されています。

皮下脂肪や内臓脂肪が多い人の汗

皮下脂肪や内臓脂肪が多い人といえば、やはり太った人、肥満の人というイメージがあります。
内臓脂肪が多い人は、一見太っているようには見えない方もいますが、隠れ肥満という場合もありますので、注意が必要です。
太った方の傾向として、やはり汗はかきやすいといえます。それには理由があります。
ひとつには、肥満の方の厚い皮下脂肪が関係します。人は普段の生活で体の中にたくさんの熱を生産しています。この熱を常に体外へ放出して正常な生活を保っています。
皮下脂肪が厚い人は、どうしても体外へ放出すべき熱が皮下脂肪で遮られて、体温が上昇しやすいことになります。なので体温を下げるためにより多くの汗をかいて、体温を下げようとするわけです。ですから普通の人よりも多くの汗をかくということになります。
二つ目の理由として、普段から運動しない人で肥満の人は、少し動くとたくさんの汗をかいてしまいます。
これは、こうした肥満の人は一定の運動量に対する酸素摂取能力、いわゆる最大酸素摂取量が著しく低くいのです。酸素が十分にとられていないと、人の体の中では、酸素の少ない中での解糖系という方法でエネルギーをえるようになり、その代謝として生み出される乳酸が増えて、汗の中に溶けてより多く出てきます。この乳酸の増加がニオイを強くする悪い汗をかきやすくしています。
3つ目の理由は、内臓脂肪の多い人です。内臓脂肪が多いということは、たくさんついている中性脂肪の活性度が高くなります。これは皮下脂肪の場合よりも高くなります。ですから、血液中の脂肪酸濃度は高く、動脈硬化の原因となります。当然、末梢の血管への血流は悪いので、身体の中の熱を放出する機能は低下し、その代りとして、汗をかくことで体温を調整しようとします。より多くの発汗へとつながります。
こうした人は、血液中の遊離脂肪酸の濃度が高くなることで、汗や皮脂腺から脂肪酸が排出されます。これが汗臭さを増すことになります。
お酒の飲みすぎで可機能が低下すると、この遊離脂肪酸の分解機能が低下して血中濃度が高くなります。そして、ケトン体という匂いの強い物質が作られて、汗から分泌されますし、息にも含まれて排出されます。
中年の男の人で、お酒の好きな方は気を付けましょう。

寝ているときの汗について

寝ているときの汗、いわゆる寝汗です。これは健康な人はみな寝汗をかきます。睡眠について深い眠りに入ると視床下部の発汗中枢の体温設定が下がり、汗をかいて体温を下げる働きをします。
健康な人は、昼間は体温が上がり、夜は体温が下がるというリズムを繰り返しています。この夜に体温が下がることで、基礎代謝が低下してプチ冬眠のような状態になります。これが熟睡の状態を生むのです。
ですから、寝始めると寝汗をかいて体温を下げて熟睡を促すという仕組みになります。
そのほか健康な人でもある寝汗としては、夢を見たときなどに興奮状態になって汗をかくということがあります。この現象は、朝方の眠りの状態がレム睡眠の時に夢を見やすくなります。夢を見ることで、発汗中枢が刺激されて多量の汗が出ることがあります。朝起きると汗でぐっしょり濡れていたりすることがあります。
また、病気が原因で起こる寝汗に盗汗と呼ばれるものがあります。普通の寝汗は運動などした後にかくサラサラの汗なのですが、盗汗でかく汗は粘っこい汗をかきます。
盗汗の汗は頭部や首から胸のまわりを中心の寝汗になります。虚弱体質や精神不安を持っている人、慢性の消耗性の疾患の人に多く見られるものです。こうした病気が治ることで、盗汗は減少に向かいます。
しかし、逆に寝汗をかきにくい人もいます。それは不眠症の人です。
汗をかきにくい人は、体温が下がりずらく、寝汗をかきずらいことで、寝ても体温がなかなか下がらず基礎代謝が下がらずにプチ冬眠の状態になりずらく、熟睡できないのです。
こうした不眠症の人は、汗腺機能がよくないので、汗をかきやすくなるために、有酸素運動を増やしたりして汗腺のトレーニングをすることで、汗をかく機能を高めるとよいでしょう。
そうすることで、睡眠時の体温を下げやすくして、熟睡できるようにしていきましょう。

食事時の汗

辛いものを食べたり、熱いものをの食べたりすると汗が急に噴き出してきますね。こうした汗のかきかたを「味覚性発汗」といいます。人間の汗のかきかたには、「温熱性発汗」「精神性発汗」そのほかにこの味覚性発汗があります。
辛い物をの食べ手汗をかくのは普通にあることですが、中には、甘いものやすっぱいものを食べたときに発汗する人もいます。こうした食べ物を食べたときの発汗というのは、生理的な自然なものなので、何も気にすることはありませんが、中には、そうした多汗を気にして、予期不安を抱いてしまう方もいらっしゃいます。
こうした予期不安を持ってしまうようになって、それが気になって汗が出てきてしまうということになると、味覚性発汗だけ気目でなく、精神性発汗も起こってしまっていることになり、治療の対象になりえます。